どれ程の必要が。

バンドマンでモバイラなBlog

Jayfi『JA40』レビュー

ブログを続けていると面白いこともあるもので、このたび気鋭の新興オーディオメーカー・Jayfi様から商品レビューのご依頼をいただきました。
既にたくさんのレビュー記事が上がっている本商品ですが、バンドマンとして、またモバイラーとしての切り口でレビューしていきたいと思います。

f:id:kamito620:20161023232608j:plain

パッケージ・付属品

今回ご依頼いただいたのは「JA40」というイヤフォンで、価格帯としては比較的安価な部類のイヤフォンです。
f:id:kamito620:20161023233206j:plain
パッケージは化粧箱タイプ。
一般的なブリスターパックと比べると高級感があります。
f:id:kamito620:20161023233138j:plain
本体のほかにサイズ違いのイヤーピース(S/L。Mは本体に装着済み)・クリップ・取扱説明書・ポーチが付属。
ポーチはメーカーロゴ入りです。
モバイルバッテリーの記事でも書きましたが、この手のポーチは付属していると個人的にはうれしく思います。ありがちな「縫製がガタガタ…」というようなこともなく、安っぽさは感じません。
f:id:kamito620:20161023232608j:plain

本体外観

本体のケーブルは左右の長さが均等なY字型で、マイクスイッチ付きの仕様。
このことから、本商品は主にスマートフォンでの使用を想定していると考えられます。
プラグは3.5mmの3極タイプです。

本体のハウジングはアルミ素材で、主張しすぎないシンプルなデザイン。
背面にはサウンドホールがあります。
f:id:kamito620:20161023233902j:plain
カラーバリエーションは2色の展開(ブラック・レッド)ですが、いずれも本体はシルバーで、ケーブルのみ色が異なるようです。
付属のシリコンイヤピースはフィット感が良く、遮音性もあります。
装着感がいまいちだったら普段愛用しているComplyのイヤピースに交換してみようかと思っていましたが、いまのところその必要は無さそうです。

試聴してみての感想

商品設計に従い、今回はスマートフォンで使用してみました。
試聴に使用した機種は当ブログでもたびたび取り上げているモトローラの「Moto G4 Plus」、試聴に使用したアプリは定番のミュージックプレイヤーアプリ「Poweramp」、定額サービスに対応した「Amazon Music」、そして「Apple Music」です。

音源については普段リファレンスとしている楽曲や、自身の楽曲を中心に試聴しました。

第一印象は「低音の量が多く、全体にこもって聴こえる」
正直なところ、第一印象はあまり良いものではありませんでした。これはリファレンス音源として最初に選んだ楽曲が、本機の苦手とするタイプの楽曲だったことも影響しています。しかしながら時間を経るにつれ高音域が伸び、当初よりも明瞭に聴こえるようになりました。
説明書にも「本来の性能発揮には50時間ほどエージングが必要」と記載がありましたので、今後もう少し変わってくるかも知れません。

低音重視かと思いきや、中音域にも独特の膨らみがある
ヴァイオリンなどの弦楽器、伸びやかな女性ボーカルはより艶やかに聴こえる印象です。また定位感の少ない楽曲であればジャンルを問わず、力強く再生してくれます。

音場の広がりは控えめ
中~高音域の解像感は悪くないのですが、膨らんだ低音域にマスクされてしまい、センターでカタマリ感のある音像に。
そのため定位感はやや乏しく感じます。左右にギターを振り切ったような音源はボーカルが埋もれてしまうことも。

遮音性は良好
背面にサウンドホールがあるため少し心配だったんですが、実際にはかなりサウンドホールに耳を近づけないとわからない程度にしか音漏れはありません。
大きめの音量でも音漏れの心配をする必要は無さそうです。

その他気づいた点
スイッチによる再生/停止、曲送り/曲戻しは今回試したどのアプリでも正常に機能しました。またスイッチに付属しているマイクでも、問題なく通話できています。
ハードウェアはしっかりしており、安心して使用できるクオリティです。

 

総評

高音域はマイルド、中音域に艶があり、低音域は量が多めのイヤフォンです。
ある程度音源にも左右されますが、明瞭感のある中~高音域が元気の良い味付けとなっており、全体にこの価格からすると必要充分なクオリティを持った便利なイヤフォンと言えるかと思います。

高音域にもう少しエッジーさというか、良い意味で「耳に刺さる」感覚があれば、個人的により好みの機種になるかもしれません。このあたりはもう少しエージングで変わってくるかも知れませんので、様子を見てみたいと思います。

以上、Jayfi「JA40」のレビューでした。

Copyright(C)2015-2017 Kamito Jingu