どれ程の必要が。

バンドマンでモバイラなBlog

Future Model『Niche Phone-S』レビュー

とにかく小さい。2017年にクラウドファンディングからスタートしたコンパクトな携帯電話、「Niche Phone-S」のレビューです。
タブレット菓子サイズの筐体に「ニッチな機能」が詰まった、ガジェット好きの心をくすぐる面白い端末となっています。
実際に購入し、1ヶ月使ってみてのレビューです。

外観・機能について

クラウドファンディングからスタートした本機ですが、大成功を収めて現在は量販店で購入できるようになっています。
これって凄いことですよね。製品化は成功しても、なかなか店頭に並ぶところまで行かない。

ということで、札幌のビックカメラで購入してきました。

1階のSIMフリー端末コーナーにモックアップも展示してあります。今年に入って値下がりしたため、値ごろ感があります。
欲しい人はいまが買い時ではないでしょうか。


アマゾンではこんな値段。

通話機能を中心に、SMS機能や3Gテザリング機能、ボイスレコーダ機能などを搭載。
Bluetoothも搭載しており、通話や音楽プレーヤ機能をワイヤレスで利用できます。
内蔵ROMの一部は外部ストレージとしてユーザーに開放されており、MP3データを入れておけば本体スピーカもしくはBT経由で再生が可能ですが、ストレージ容量が少ないため普段使いの音楽プレーヤーとして使うことはないかと思います。ちなみにここに格納した音源は着信音としても設定可能です。
Android4.2をベースとしたシステムだそうですが、ディスプレイの表示能力や操作性は非常に貧弱であり、Android感はまったくありません。
ディスプレイは最小限のテキスト表示のみが可能で、画像を表示したりすることはできません。

詳細なスペックは公式ページで。
futuremodel.co.jp

次から、実際に使ってみて感じた特筆すべき点をメリット・デメリットともに見て行きたいと思います。

良かった点

①とにかく小さい
圧倒的な小ささ・薄さが本機のすべてと言ってもいいでしょう。
サイズ感を確認したいけれど近所に販売店がないという場合、コンビニでミンティアを買ってみてください。

f:id:kamito620:20180713213013j:plain
ほぼ同じサイズです。
本機の方がミンティアのケースよりも1cmほど縦幅が大きくなります。
昔フリスクサイズの「ストラップフォン」をウィルコムが取り扱っていたんですが、そのオマージュなんじゃないかと邪推してしまうくらい、ミンティアを意識したサイズに思えます。

②SMSが使える
SMS機能を実装しています。モノクロ表示の極小ディスプレイですが、相手とのメールがチャットアプリのトーク画面風に表示されます。
IMEおよび文字入力方法に癖があり、使いやすいとは到底言えないものの、このサイズで自由な文章がSMSで送れるというだけで利用範囲が広がります。

③痒いところに手の届く機能
3Gテザリング、アラーム、ボイスメモという限られた機能ではあるものの、いざという時に役に立つアプリケーションを備えています。
おまけ程度ではありますが、痒いところに手の届く良いチョイスだと思います。
欲を言えば電卓が欲しかった…。ここまで電卓みたいなビジュアルなので、実用性はともかく電卓機能を実装して欲しかったです。
アップデートで実装されないかな。

④セキュリティ上の制限に強い
外部ストレージやカメラを搭載していませんので、セキュリティ上制限の厳しい場所にも持ち込める場合があります。
これは純粋に機能を絞ったプロダクトの強みだと思います。

気になった点

①充電が独自端子
これは明確なマイナスポイントかと思います。マグネットタイプのコネクターを本体に接続しmicro USBで充電する仕様ですが、磁力が弱くコネクターが安定しません。
充電しながらの通話は、できなくはないですがかなりやりづらいです。
コネクター自体も小さく、失くしそうで怖い。出先で充電することを考えると持ち運ぶ必要がありますが、管理が面倒です。

②ユーザビリティがいまいち
全体にもっさりしているのはスペック的にやむないと思いますが、工夫次第でもっとスムーズにできたのでは?と思う部分もあります。
例えば通話後、ワンテンポ遅れて終話したことを示す受話器アイコンが全画面表示されますが、これ要らないんじゃないでしょうか。
すぐに次の操作に移りたいのにアイコンが消えるまで待たされてしまい、テンポが悪く感じます。

③連絡先同期不可
せっかくAndroidベースなので、連絡先くらいは同期してほしかったです…。

④小ささ故に忘れやすい・失くしやすい
近いうちに落として失くすか、Yシャツの胸ポケットに入れれたまま洗濯してしまうという悪い予感しかしないんですが、それくらい小さい。
とりあえず、何かストラップでも付けようかなと思います。

総評:ロマンあるコンセプトモデル

本機は機能を絞り込んだ、名前の通りニッチな需要を満たしてくれるガジェットです。
だからこそ「敢えてこれを使っているんだ」という所有欲を満たしてくれるような、「見た目のプレミアム感」が欲しい、と感じました。
小さいけれど高級感のある、アルミ削り出しのDAPやポタアンがありますよね。ああいうイメージ。
多少重くなっても構わないので金属パーツを採用して、特にビジネスシーンで取り出した時に「なにこれすごい」と思わせるような「見た目のパワー」があるともっと良かったと感じます。
より洗練されたプレミアムモデルの登場を期待したいところです。
総じて、現状似たような製品が出てこないこともあり、非常に個性的かつ実用的なプロダクトだと思います。

Copyright © 2018 Group First Down All Rights Reserved.